無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
↑↑↑↑↑↑
手軽にお小遣い稼ぎができます!!
お得なポイント貯まる!ECナビ
↑↑↑↑↑
ポイントをためよう!!

2010年04月15日

Javascriptその3

今日は前々回の解説です。



<script type="text/javascript"><!--
function tasu(){

var i = eval(document.myform.mf0.value);
var j =
eval(document.myform.mf1.value);
var k = i+j;
document.myform.kotae.value = k;
}
//--></script>
<br>
数字1と数字2を足します。
<br>
<form name="myfrom">

数字1<input type="text" name="mf0" value="0">
数字2<input
type="text" name="mf1" value="0">
<input type="button"
value="計算!" onclick="tasu();">
答え<input type="text"
name="kotae" value="0">
</form>



上から順に見ていきましょう。

まずは1行目は既に解説していますので2行目から。
function tasu(){
とありますが、これは「関数」が呼び出されているところです。

「function」これが関数を定義するところで、その隣「tasu()」が関数名となります。

ここは基本的に好きな名前をつけられますが、必ず「半角英数」で、先頭は「英」のみとなります。

なので「たす()」や、「123()」や、「12abc()」などはつけられません。

この辺は覚えやすくわかりやすいものでいいと思います(^^。

続いて3〜5行目。
var i = eval(document.myform.mf0.value);

var j =
eval(document.myform.mf1.value);

var k = i+j;
document.myform.kotae.value = k;

「var」とありますがこれは「var 変数名」とし、「変数を使いますよ〜」と宣言しているところです。

C言語やVBなどはこの宣言によって、小数点を扱えるものや整数のみ、文字が入るものなどいろいろと区別されますが、Javascriptでは特に区別はなくこの「var」宣言のみ(配列は別ですが(^^;)です。

しかもこの宣言は必ず必要というわけではなく突然変数を使用することも可能です。

さて、「var i」など、通常変数は「i」からなんですが・・・この辺は気にせず「i」から始まるんだなと覚えておいてください(^^;
ちなみにこの変数名も関数名と同じくつけられます。

その後の「eval(document.myform.mf0.value);」ですが、これはhtmlの<form>タグの「myform」というところの「mf0」という名前に入力された数値「value」を読み込み、それを「eval();」という関数で数値に変更しているところです。

わかりにくいですね(^^;

要するに「数値1の数字を読み取りJavascriptで利用できる【数値】に変換している」ということなんです。

この辺は慣れてくればわかりますので今はそんなもんだと覚えておいてください。

で、3,4行目は変数「i」、「j」にそれぞれ代入しています。

今回の場合そのままでも計算できなくはありませんが、練習と言う事で、変数への代入を行っています。

5行目が計算です。変数「i」、「j」を足し、「k」に代入しています。

そしてその後、「document.myform.kotae.value」は先ほどと同じで、「kotae」に変数「k」を代入しています。

最後に「}」ですが、最初に「function tasu(){」にあるように、関数で呼び出した処理は通常「{}」で囲みます。

この「{」から「}」までが「function tasu()」の処理として行われますので、この「{}」の外に処理を書いても「tasu()」で、処理されません。

また、各行の最後に「;(セミコロン)」がありますが、
これも、「var i = eval(document.myform.mf0.value);」ここまでが1処理です。

と言う事で1つ処理が終わるごとに「;」を必ず打つようにしてください。

忘れるとエラーでとまるか、エラーすら出ずにそこで処理が強制終了してブラウザがとまってしまうかもしれません。

また、無用に打ってしまうと、必要な処理がされないこともありますので気をつけてください(^^


長々と説明しましたが、今日はここまでです。

何かわからないこと等あればコメントへどうぞ。


タグ:javascript
posted by GABAscript at 22:58 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | javascript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。