無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
↑↑↑↑↑↑
手軽にお小遣い稼ぎができます!!
お得なポイント貯まる!ECナビ
↑↑↑↑↑
ポイントをためよう!!

2010年04月11日

Javascriptその2

今回はJavascriptでの計算方法です。

エクセルなどを使ったことがある方はすぐに覚えられると思いますが・・・



答えを入れる変数 代入演算子 計算式
         x                       =          1+1;



簡略化してかくとこんな感じです。

左側に「変数」というものがありますが、これは数学などで習った「X+Y=Z」と同じような、
中身を計算などで替えられるものです。

実際にやってみましょう。



<script type="text/javascript"><!--
 var i=0;
 i = 2+3;
 document.write(i);
//-->



こうすると計算結果が画面に出力されます







これを発展させるといろいろな計算が出来るようになります。

例えば<input>タグなどを使い入力スペースを作りその数を計算させたりすることが可能です。






数字1と数字2を足します。



数字1
数字2

答え





中身はこんな感じです↓



<script type="text/javascript"><!--
function tasu(){
var i = eval(document.myform.mf0.value);
var j = eval(document.myform.mf1.value);
var k = i+j; document.myform.kotae.value = k;
}
//--></script>
<br>数字1と数字2を足します。
<br>
<form name="myfrom">
数字1<input type="text" name="mf0" value="0">
数字2<input type="text" name="mf1" value="0">
<input type="button" value="計算!" onclick="tasu();">
答え<input type="text" name="kotae" value="0">
</form>



最後にどんな計算が出来るか少しですがのせておきます。
ちなみに、競合する場合の優先順位は上のほうほど高くなります。



() [] .
! ++ --
* / %
; -
== !=
&&
||





ちなみに掛け算は「*」、割り算は「/」、引き算は「-」です。

他には「==」等しいとき、「!=」等しくないとき、「++」1加算、「--」1減算などをよく使います

今日はここまで。
Javascriptに関する質問等を募集中です。
コメントに書き込んでいってください(^^。


タグ:javascript
posted by GABAscript at 23:41 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | javascript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。