無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
↑↑↑↑↑↑
手軽にお小遣い稼ぎができます!!
お得なポイント貯まる!ECナビ
↑↑↑↑↑
ポイントをためよう!!

2010年05月26日

Javascriptその6

今日は「if」の使い方についてもう少し突っ込んでみてみましょう。

前回、「if(条件文){処理}」と書きましたが、具体的にどういう条件文を書くのかを見たいと思います。

まず、aとbが等しいとき。



var a=0;
var b=0;

if(a==b){
 alert("Javascriptへようこそ!");
}



この「a==b」が等しいときをあらわしています。

逆に言えば「a」と「b」が等しくなければ処理は行われません。

次は小さいときの処理。



var a=0;
var b=1;

if(a<b){
 alert("Javascriptへようこそ!");
}



これも同様で「a<b」が、「a」が「b」よりも小さければと言うところです。

これを、小さいか、等しいときとする場合、

var a=0;
var b=10;

if(a<=b){
 alert();
}



と、します。

同様に大きいときと、大きいか等しいとき。



var a=0;
var b=1;
var c=2;

if(c>a){
 alert("お好きな言葉を入れてね");
}
if(b>=a){
 alert("お好きな言葉を入れてね");
}



で、「c>a」が「c」が「a」より大きいとき。「b>=a」が「b」が「a」より大きいか等しいときです。

これは文字列にも利用できます。



var str="Javascript";

if(str == "Javascript"){
 alert("Javascriptへようこそ!!");
}



また、否定することも出来ます。



var str="こんにちわ";

if(str != "こんにちわ"){
 alert("こんばんわ");
}else{
 alert("こんにちわ");
}


この場合、「!=」が否定ですが、formタグに入れられた言葉で出力する文字を変えたりするときや、スイッチの切り替えなどで使われることが多いです(^^

このように「if」が使えるとスクリプトっぽくなってきます。

この「条件分岐」と「繰り返し処理(ループ処理)」が使えるようになると、いよいよ「プログラムやってる」感が出てきます(^^

今日はここまでです。
タグ:javascript HTML CSS
posted by GABAscript at 22:20 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | javascript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

Javascriptその5

前回・・・じゃなくその4の解説です(^^;

特に難しいことはないのですが、

一応確認しておきましょう。



<script type="text/javascript">
 alert("Javascriptへようこそ!!");
</script>



<script type="text/javascript">
function al2(){
if(confirm("
私は男だ。")){
   alert("男の方ですね。");
 }else if(confirm("いやいや女ですよ。")){
   alert("
女性の方ですね。");
 }else{
   alert("どちらでもないとは・・・^^;");
 }
}
</script>
<form><input
type="button" value="Yes,No窓" onclick="al2();" /></form>



の2つのスクリプトでした。

まず2行目の

alert("Javascriptへようこそ!!");

ですが、これは「警告("文字列"+変数);」こんな感じで記述します。

「alert」は「警戒」と訳すみたいですが、警告のほうがしっくりきます。

さて、中の文字はなんでもいいのですが、必ず「"」このダブルクォーテーションでくくります。

この「"」はいろんなプログラミング言語で文字列、すなわち「画面に出したい文字または文章」を扱うさいに使用されます。

では、変数はどうすればよいのかといえば、「"」の外側においてあげればOKです。

しかし、「"」が前後にある場合は「"文字列"+変数」としないといけません。

また、改行する事も出来ます。

alert("こんにちは\nGAVAscriptです。\nJavascriptへようこそ!!");

というように「\n」で入力してあげると改行されます。

\とは¥と同義語となりますので、「私のPCじゃ\が出ない!!」と嘆かなくてもOKです(^^

ちなみに「 \ 」はバックスラッシュといいますが、日本語では¥マークが普通に出るかと思います。

長くなりましたが・・・(^^;

続いて、functionはその3で解説していますのでそちらを・・・

また新しいものが出てきましたね・・・「if(confirm("私は男だ。")){」ですが、

まず、「if」について。

これは「条件分岐」を示します。

「if(条件){}」という風に書き、「条件が真」なら「{}」を実行。

という意味になります。

さて、「真」ならとはどういう意味でしょうか。

簡単に言えば、「0(オーではありません。ゼロです(^^;)」でないときが「真」です。

ちょっと分かり難いかもしれませんが、何度かやっていくうちにわかるようになると思います。

これからもちょくちょく「真」でなければ、や「真」であればというような表記が出てくるかと思いますが、よく読めば分かるはずです。

では、上の「if(〜)」は何なのかといえば、「confirm("私は男だ。")」の結果が「真」ならば{}の処理をする。

confirmとはドラクエ(ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2
)でよく出てくる「はい」、「いいえ」の選択肢みたいなものが出てきます。

その結果が「はい」であれば「真」となるので、{}の中のalertが実行されるわけです。

その次も同様です。

また、ifの後、「{}」で結ぶのも忘れないように。

Javascriptの場合、改行しなければそのまま続きで処理はしてくれますが、

後々改造したりするときに混乱をきたすことがありますので、

必ず「{}」で結びましょう。

また、「else」というのが出てきますが、「if」が「真」でない場合次に実行されるものです。

これについては必ずなければならないというわけではありませんが、「その他」があればこの「else」に続けて「if」を書いてください。

上のように「男か?」という質問に、「No」と答えた。

じゃぁ次の質問「女か?」という質問に、「Yes」と答えたなら、

画面に「女性ですね」と出す。

と書くだけなら3つ目の処理はいりませんが、ちょっと面白くするために、3つ目をつけてみました(^^

ちなみに、<input 〜>タグもありますが、これはボタンを押すと実行とするためにおいているだけなので、functionをつけなければ、HTMLが読み込まれたときに実行することも可能です。

まぁ、画面読み込むたびに「男ですか?」と聞かれるのもねぇ・・・(^^;

と言う事で本日はここまでです。

何かリクエスト等がありましたらコメントまでお願いします。
タグ:javascript HTML CSS
posted by GABAscript at 00:25 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | javascript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

submitボタンのvalueで改行

久しぶりにHTMLについてです(^^

普通、formタグの中に、submitボタンを設置する場合、



<form action="cginame.cgi" method="POST">
 <input type="text" size="40" maxlength="40" name="name">
 <input type="text" size="40" maxlength="40" name="email">
 <input type="submit" value="送信">
</form>



などとしたりしますが、

いわゆる「送信ボタン」の「送信」という文字を改行したい、

つまり

「送」
「信」

としたいということなんです。

FirefoxやSafariなどは



<input type="submit" value="送\n信">



で、改行できますが、IEはそうはいかず、



<input type="submit" value="送&#10;信">
参考



と、すると、IE、Firefox、Safariなどでは改行されます。

しかし・・・Operaでは改行にならないのです・・・orz

画像を使えばイイジャンとか考えましたが・・・

何とか画像を使わずに出来ないかと調べた結果、

HTMLタグ・CSS・テンプレート - Web制作のインデックスサイト

こちらのサイトで見つけたのですが、



<button type="submit" name="submit" value="code">送<br>信</button>



とすればOK!

・・・こんな技(?)があったとは・・・

前に紹介した



こちらの本に乗っていました・・・

単なる確認不足です・・・orz

しかしおかげで自由度が増えました。
posted by GABAscript at 00:05 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | html | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

Yahoo!japanからの検索がすごく増えている件

題名のとおりなんですが・・・

5月に入ってからそれまでGoogleで日に数件だったアクセスがYhaooで2〜30件と急増しました(^^;

おそらく理由はこれでしょう

Yhaoo!検索スタッフブログ--Yahoo!検索において、Yahoo! inc.が開発しているウェブサーチエンジン「Yahoo! Search Technology
(YST)」のインデックスのフルアップデートを開始しました。


SEO対策をなさっているかたがには相当な苦労が発生しているのではないかと思います(^^;

SEOとは
--Wikipedia

とは言え、このブログはまだ初めて日が浅く、検索していただいている「Javascript」については殆ど記載されていないという・・・

せっかく来たのにまるで詐欺にでもあったかのような気になることでしょう(^^;;

検索して来ていただいた皆様、すみませんm(_ _)m

もう少しまともに更新できるよう努力いたします。
タグ:検索 SEO
posted by GABAscript at 23:08 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

ちょっと違うテトリス

ゲームとは---wikipedia

--引用--
ゲーム
(英:game)とは、遊戯や遊びと訳され、勝敗を決めるためのルールと、環境
または他人との相互作用を元にした、普通楽しみのために行なわれる活動である。
--ここまで--

そーだよなー。
普通「たのしみのため」にだよなー。


さて、前振りこの辺までにして、
こちらのサイトをご覧ください。(IEでは動きません。)

黒い画面に赤い線。

なんだかよくわからないですが、右側の「start new game」を押すとゲームが開始されます。

やり方は普通のテトリスと同じで、キーボードの矢印で動作します。

上を押すと回転。

右なら右へ移動。

左なら左へ移動。

下で、1つづつ降りていきます。

下を押さなければ降りないという不思議なテトリス。

しかし、しばらく進めるとわかると思いますが・・・



おんなじ形のばっかり降りてくる・・・


なんでも一番消しにくい形をしたものが出るようになっているとか・・・

ちなみに赤い線に触れたら終了です。

ゲームオーバーになると画面の右側に英語が出てきますので、

「show a replay」にコピーペーストするとリプレイが見れますので、

「うまくいったなぁ」と思ったらBlogなどに載せてみてください。

ちなみに記録は28消しが最大とか。(私は4消しがいっぱいでした(^^;)
posted by GABAscript at 00:21 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。